ナダルVSフェデラー性格と過去の対戦成績ウィンブルドン2018

ウィンブルドン2018で ナダルVSフェデラーの決勝対決が久々に実現しそうです。

両者ともテニス界の英雄で、二人の出場により、ウィンブルドン2018が世界中の注目を集めています。

ナダル選手、フェデラー選手、二人は世界の舞台で数々の名勝負を繰り広げてきた永遠のライバルです。

昨年は、そんな二人がダブルスを組んだことはテニス界だけでなく、世界中を驚かせました。

ネットでは、「ナダル 性格悪すぎ」「フェデラー 性格良すぎ」とあります。

本当のところはどうなのでしょうか。

二人の経歴、過去の対戦成績など確認しながらみていきましょう。

世界ランク1位ナダル性格悪すぎは本当?

ネットで言われている「ナダル 性格悪すぎ」と言うのは、ナダル選手のことではないようです。

お笑い芸人コロコロチキチキペッパーズのナダルさんのことでした。

実際のナダル選手は、実力もさることながら、超一流の人格者としても知られています。

ナダル選手といえば、試合中の雄たけびやガッツポーズなどの闘志あふれる姿が印象的です。

しかし、ナダル選手は幼少の頃から謙虚であることの重要性を説かれていたようです。

トッププレイヤーになった今でも、全ての対戦相手が格上と思って戦っているそうです。

対戦相手でもリスペクトする姿勢や考え方は素晴らしいスポーツマンシップですね。

世界ランク2位フェデラー性格良すぎ

一方のフェデラー選手もナダル選手に劣らず、テニス界のスーパースターです。

スイスのバーゼル出身のフェデラー選手は、洗練された美しいフォームで冷静に試合を進めることで知られています。

また近代テニスの数々の歴史を塗り替えてきたことから、「テニス界の最高傑作」とも呼ばれています。

フェデラー選手も実力、経歴ともにナダル選手に全く劣っていないですね。

また、フェデラー選手の魅力は実力だけでなく、清々しいスポーツマンシップ精神とクリーンな存在感だと言われています。

「小さい時、ジュニアの大会では自分たちでポイントをコール出来るから、ズルをしようとすれば誰でも出来る。でも自分はそれをすると、夜眠れなくなるくらい気になってしまう。だからそれはしなかった。」

とフェデラー選手は語っています。

また試合後には、どんなに格下の選手でも自分から挨拶に行き、ベンチを掃除して帰るそうです。

スポーツ選手としてだけでなく、人間としても素晴らしいですね。

スポンサードリンク

ナダルVSフェデラーの過去の対戦成績(戦績)

これまでの対戦成績は、ナダル選手の23勝15敗です。

しかし、ナダル選手はクレーコートで無類の強さを発揮する反面他のコートでは本来の実力を発揮しきれないと言われています。

一方のフェデラー選手は、1968年のオープン化以降ではジミー・コナーズを抜いて芝コートでの単独最多勝利者です。

実際に2017年シーズンはハードコートでの対戦が4回あり、フェデラー選手の4戦全勝となっています。

両者の実力は拮抗しているといえると思います。

スポンサードリンク

まとめ ナダルVSフェデラー対戦予想は

テニス選手としても、人間としても超一流の両選手の対戦はどちらが勝つのでしょうか。

私はフェデラー選手の勝利を予想します。

理由は芝のコートでの対戦だということです。

ライジングでの早いテンポでの攻撃やバックハンドの攻撃に拍車がかかるので、フェデラー選手が優位な立場でしょう。

どちらにせよ、接戦になることは間違いないでしょう。

そして、試合後の二人の握手が見られるのが楽しみです。

スポンサードリンク

スマホ、タブレットでスポーツ見るならこちら
今、無料で見れるスポーツはこちらから>>>
【DAZN】初月1ヶ月無料お試し