マルチナヒンギスがHラーマン(画像)と結婚、現在の年齢と刺される事件とは?

女子テニス元世界1位のマルチナヒンギスがスポーツ医師のH・ラーマン氏と結婚のニュース。

「夫に刺される?」事件があったヒンギスなので2度目の結婚だと思いますが
H・ラーマン氏と二人の馴れ初めは?

マルチナヒンギスの現在の年齢は?

また、夫に刺される事件の真相はどうだったの?

マルチナヒンギスの年齢や結婚、H・ラーマン氏の画像やプロフィール(Wiki)
そして「夫に刺される?」事件の真相ついてまとめてみました。





スポンサードリンク

ヒンギスの年齢は?結婚相手のスポーツ医師のH・ラーマン氏とは

Embed from Getty Images

テニスの女子元世界ランク1位のマルチナ・ヒンギス(スイス)がスポーツ医師のH・ラーマン氏と結婚のニュースが入ってきました。

マルチナ・ヒンギスとは、そしてH・ラーマン氏とはどんな人物?

まず、ご存じない方にマルチナ・ヒンギス選手について紹介します。

スポンサードリンク

マルチナ・ヒンギスの年齢と若い頃

Embed from Getty Images

ヒンギス選手の年齢は現在、37歳
今年の9月で38歳を迎えます。

現役引退をと復帰を3度繰り返したヒンギス選手ですが
日本の伊達公子選手が47歳の年齢で最後に引退したことを考えると
ヒンギスはまだやれる?

マルチナ・ヒンギス

国籍スイス
生年月日:1980年9月30日 (37歳)
出身地:スイス チェコスロバキアのコシツェコシツェ
配偶者:Thibault Hutin (2010年〜)
元世界ランキング1位
WTAツアーでシングルス43勝
ダブルス64勝を挙げた
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち

マルチナ・ヒンギス 若い頃は

ヒンギス選手の若い頃の写真

今の若い人は知らない人が多いと思いますがマルチナ・ヒンギスさんの
若い頃は凄い選手でした。

なんと、1994年に14歳でプロへ転向したマルチナ・ヒンギス選手は
1997年のグランドスラム大会全豪オープンで優勝
同じ年にウィンブルドン 全米オープンも優勝
なんと、16歳6カ月の若さでシングルス世界ランク1位を獲得

16歳の若さで全仏オープン以外のグランドスラムは全部優勝という快挙
これは、世界のテニスファンを驚かせ、
女子テニス界に天才少女現るのニュースが世界中を駆け回りました。

  • 女子テニス協会「最優秀新人賞」15歳
  • 史上最年少4大大会優勝「16歳3ヶ月」全豪オープン
  • 史上最年少での4大大会3冠「16歳」
  • 全豪オープン・ウィンブルドン・全米オープン
  • 史上最年少での世界ランキング1位「16歳6ヶ月」
  • ダブルス年間グランドスラム:1998年
  • 混合ダブルスキャリアグランドスラム

マルチナ・ヒンギスの引退と結婚、離婚

マルチナ・ヒンギスさんは3度の引退、1回の離婚と2回の結婚をしています。
その波乱の人生ですが以下のようです。

  • 2003年23歳の若さで怪我を理由に引退2006年に復帰
  • しかし、翌年の2007年に薬物検査で失格で2度目の引退(27歳)
  • 2010年12月10日フランスの馬術選手ティボー・ユタン(Thibault Hutin)氏と結婚
  • 2013年にティボー・ユタンと離婚し3度目の現役復帰(33歳)
    離婚の理由は夫ティボー・ユタン氏のDV事件が発覚したこと
  • 2017年10月37歳で3度目の現役引退を表明
  • 2018年7月21日、スポーツ医師とH・ラーマン氏との結婚を発表





スポーツ医師のH・ラーマン氏(画像)プロフィール(Wiki)

H・ラーマン氏とはいったいどんな人なのでしょうか?

ラーマン氏の詳しいプロフィールは紹介されていませんが
二人の馴れ初めは2016年のリオ・オリンピックでヒンギスさんの個人アドバイザーとしてラーマン氏が指導したことだそうです。

しかし、スポーツ医師のH・ラーマン氏は、なかなかハンサムイケメンというのが
ヒンギスさんのインスタやツィッターからわかります。

また、身長が相当高いですね。

ヒンギスさんの身長が170cmなので写真からラーマン氏は190cmくらいはあるでしょう。

スポーツ医師ということなので自らもなにかのスポーツ選手だった可能性はありますね。

マルチナヒンギス 刺される?その真相は

そして、最後にヒンギスさんの夫に刺される事件の真相について

マルチナヒンギス 刺される?

マルチナヒンギスさんは前夫はフランスの馬術選手ティボー・ユタン(Thibault Hutin)氏で2010年12月10日に結婚しています。

しかし、2013年に離婚

その原因は夫のDVだったそうです。

しかし、マルチナ・ヒンギスさんは夫から刺されて怪我をした事実はありません。

なぜ、「マルチナヒンギス 刺される」というキーワードで検索記事があるのでしょうか?

1993年モニカ・セレスが刺される事件

モニカ・セレス選手

知らべてみると刺されたのはヒンギスさん引退後の女子テニス世界ランク1位の18歳のモニカ・セレス(アメリカ)選手でした。

19歳だったモニカ・セレス選手は当時のライバルだったS・グラフ(ドイツ)の熱狂的ファンから刃物で背後から刺されました。

このモニカ・セレス選手が暴漢に刺される事件が
マルチナ・ヒンギスさんが離婚した1993年におきています。

そして、夫のDVからヒンギスさんは「刺されるのか、銃で撃たれる!」と恐怖から自国を脱出し離婚となったのです。

「マルチナヒンギス 刺される」の真相ははヒンギスさん前の夫から刺されたわけではなかったんですね。

天才少女と言われ数々の歴史を塗り替えながらも波乱万丈の人生を歩んできたマルチナ・ヒンギスさん

幸せな結婚がスタートすることをお祈りいいたします。





スポンサードリンク