安仁屋宗八プロ野球の成績とプレイスタイル。琉球じじいは酒豪!71歳で330球も投げる

写真)琉球じじい71歳でこのフォーム時速96キロストライク!レジェンド安仁屋宗さん
https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/04/02/0008951358.shtml

8月15日終戦記念日のレジェンド始球式に登場するのは
沖縄県初の甲子園に出場しプロ野球広島東洋カープ、阪神タイガースで
活躍した安仁屋宗さん73歳です。

「木更津総合×琉球じじい」でテレビ朝日の熱闘甲子園でも紹介された琉球じじいこと安仁屋宗八さん

しかも71歳のときテレビの企画で330球も打者に投げたという安仁屋宗八さん!どんな始球式をみせてくれるか楽しみですね。

そして安仁屋宗八さんが活躍した広島と阪神でのプロ野球での成績とプレイスタイルについてまとめてみました。







スポンサードリンク

琉球じじい!安仁屋宗八 野球経歴

安仁屋宗八
沖縄県那覇市出身の解説者・評論家・ラジオパーソナリテ
元、プロ野球選手・コーチ・監督

生年月日:1944年8月17日 (73歳)
身長/体重:177 cm / 75 kg

安仁屋宗八 甲子園出場

野球をはじめたのは小学校4年生で
巨人の藤田元司投手が憧れの選手だったそうです。

沖縄高校にすすみ投手として
南九州大会で優勝し甲子園の切符をえる。

昭和37年の米国統治下の沖縄県勢として
初めて夏の甲子園大会に出場

この夏の大会で沖縄高校は強豪広島の広陵と対戦
日本人特有の判官贔屓もあり全国の高校野球ファンが沖縄を応援!!

安仁屋宗八 社会人野球

高校卒業後は琉球煙草に進み野球部へ

都市対抗への出場は大分鉄道の補強選手としての
出場でしたが、沖縄出身者としては初めて都市対抗に出場となりました。

スポンサードリンク

安仁屋宗八のプロ野球の成績は?

安仁屋宗八さんのプロ野球での成績は

広島東洋カープと阪神タイガースでの通算18年で
655試合に登板
119勝124敗
奪三振1432個
防御率3.08

最優秀防御率とカムバック賞を1975年に受賞
この年は阪神にトレードで見事1.91という防御率をあげています。

またシーズン最多勝は1968年の23勝(11敗)

18年間の現役時代は年によって二桁勝利と一桁勝利の落差が激しい安仁屋宗八さんですが
その原因のひとつに大の酒好きというのが絡んでいるようです。







安仁屋投手のプレースタイル

安仁屋宗八投手は変則的なフォームで投げるボールで打者を手球にとる
投球術を身につてて活躍しました。

投球フォームはサイドスロー気味のフォームで
シュートとスライダーを投げ分ける投球が持ち味で

特に内角を果敢に攻めるシュートと強気の投球には常勝の王・長嶋を擁する巨人も苦しめられました。

安仁屋投手の通算119勝の内、34勝が巨人からあげた勝利で
「巨人戦に勝つことが出来れば、故郷の沖縄では通常の勝利の2倍の評価をしてもらえた」そうなんです。

プロ野球 プロ野球伝説 広島・阪神・広島 安仁屋宗八 16

面白い安仁屋さんは人気者!!

安仁屋宗八 広島東洋カープ入団

そして沖縄出身としては初めてのプロ入りを果たしたのも
安仁屋宗八さんです。

広島東洋カープに入団した1964年には
沖縄では「安仁屋フィーバー」が起こり、後援会がいくつも誕生しました。

安仁屋宗八さんがプロ野球選手となったのは、ちょうど東京オリンピックの年ですね。







広島東洋カープでは中継ぎとして活躍

66年の巨人戦では9回2死までノーヒットで抑えながら
最後の打者黒江にヒットを許しノーヒットノーランを逃す。

安仁屋宗八さんは当時、弱小と言われたカープで
68年23勝11敗、防御率2.07という成績を残し
チームのAクラス進出への原動力となりました。

痛風で成績ダウン、コーチと対立で阪神タイガースへ

豪快な正確の安仁屋宗八さんはお酒が大好きなことで有名です。

69年・70年も連続で二桁勝利するもオフに痛風を患ってしまいます。
これもお酒の飲み過ぎといれいぇいますが、徐々に成績を落とし

74年にジョー・ルーツコーチと対立
トレードで阪神タイガースに放出されてしまいます。

阪神タイガースでカムバック賞とカープで現役を引退

しかし、75年には、安仁屋宗八さんは66試合で140.2回を投げて12勝5敗7セーブをあげます。
しかも防御率は1.91という素晴らしい成績を残し最優秀防御率とカムバック賞を受賞

この後も阪神の中継ぎとして活躍をするも
80年に実に6年振りに広島に復帰した安仁屋投手の成績は振るわず81年で現役を引退

酒豪!71歳で330球も投げた安仁屋宗八さんすごい

画像)http://tv.rcc.jp/aniya_club/

引退の直接の原因は酒の飲み過ぎによる十二指腸潰瘍だったそうです。

引退後は82年から97年まで広島にて投手コーチを務め、その後は解説者に
そして沖縄に社会人野球チームを作り、現在はRCCカープナイターという番組に解説として出演しています。

現役時代から二日酔いの状態で練習に参加など酒豪として知られる安仁屋宗八さんは
今でもベロベロに酔ってローカル番組に出演していることもあるそうです。

71歳で330球投げる!始球式はすごいかも!!

【カープ】広島OB安仁屋宗八(71)、96キロのストライク投球

ちなみに、安仁屋宗八さんは71歳の2016年にはテレビの企画で
カープOBの横山竜士がホームランを打つまで投げるという打撃投手を務め
330球も投げたそうです。

すごいというか、、、通常の投手の2倍以上ですよ、、、

様々なエピソードを持ち、人々に愛される安仁屋宗八さん
甲子園での始球式はど真ん中のストライクでしょうね!!







スポンサードリンク

スマホ、タブレットでスポーツ見るならこちら
今、無料で見れるスポーツはこちらから>>>
【DAZN】初月1ヶ月無料お試し