中田久美監督が激やせ!病気ではないのか?心配の声も

中田久美さんが病気??

バレボール女子全日本監督の中田久美さんが激痩せしているという話はネットでありましたが、実際にテレビで中田久美監督の姿を見て驚いた方も多いのではないでしょうか?

病気なのではとの心配の声もあります。

一体、中田監督に何があったのでしょうか?

<スポンサーリンク>





中田久美さんが全日本監督になってから激痩せ

Embed from Getty Images

女子バレー全日本監督 中田 久美さんのプロフィール

全日本女子バレー監督
プレミアリーグ・久光製薬スプリングス前監督

  • 名前   :中田 久美(なかだ くみ)
  • 生年月日 :1965年9月3日
  • 年齢   :53歳(2018年現在)
  • 身長   :176cm
  • 体重   :62kg

元バレーボール全日本代表選手、バレーボール指導者、タレント、スポーツキャスター

スポーツビズ所属

現役時代のポジション:セッター

中田 久美さんの出身地は東京都練馬区で家族は両親と
兄弟姉妹はおらず一人っ子です。

練馬区立練馬東中学校に進学し母親の助言から中学校でバレーボールをはじめたというのが事実のようです。

そして早くも中2でバレーボールの英才教育チーム「LAエンジェルス」に2期生として入団してメキメキと実力を上げてきました。

そして気がつけば15歳の若さで全日本チームに選抜されます。

ここでセッターへの転向し
1984年のロス五輪では銅メダルを獲得

全日本代表としての主な国際大会出場歴

オリンピック – 1984年、1988年、1992年
世界選手権 – 1982年、1986年
ワールドカップ – 1985年、1989年、1991年

中田久美監督が激やせした?昔と今の見た目を比較!

女子バレーの監督中田久美さんが病気ではないのかと噂があるけど大丈夫なのかな?

そうだね、相当激痩せしている。監督になってからだね。東京オリンピックのメダル獲得プレッシャーも相当大きいみたいだね

日本は現在ランキング6位だけど、上位の5チームは相当強いよね、、、特に中国、アメリカ、セルビアは圧倒的な力を見せつけたね
これらの強豪国を倒してメダル獲得となると選手以上に監督の采配や戦略などが重要になるね

以下に中田久美さんの今の画像と昔の画像を載せて変化を注目してみましたが、なるほど、激ヤセと言うよりも年をとって老けたというのが正直のところかもしれませんが、ちょっと急激に老けすぎた感も否めませんしやはり相当痩せていますよね。

【関連記事】
中田 久美「てめえ ら コノヤロー」若い頃はモデル今は怖い監督?その事件とは

中田久美 激痩せ 画像

Embed from Getty Images
こちらが監督になる前の中田久美さんの画像です痩せてはいるのですが
アスリートらしい美しいスレンダーな体型ですね。

 

https://www.getsuvolley.com/

30歳くらいでしょうか
若くて奇麗ですね!

それもそのはず、中田久美さんはバレーボール選手現役引退後、
176cmの身長と美貌を活かしてモデルをやっていた時期がありました。

写真集はこちら

Embed from Getty Images

そして、こちらが監督になってからの中田久美さん
かなり痩せているということがわかると思います。

年をとってかなり老けた印象は否めませんが、昔の面影がかなり薄らいでいますね。

年齢も52歳という事なんですが、やはりここまで痩せると
顔つきもきつくなりますよね。

<スポンサーリンク>





中田久美監督、病気ではないの?心配の声も

 

激痩せで病気を心配されている中田監督だけど選手時代から椎間板ヘルニアを患っていたそうだけど大丈夫なのかな?

そうだね、相当激痩せしている。監督になってからだね。東京オリンピックのメダル獲得プレッシャーも相当大きいみたいだね

バレーボールは足腰に負担の大きなスポーツなので椎間板ヘルニアに悩ませられる選手は多いようだね。

中田久美さんは大丈夫なのだろうか?

中田久美さんですが、日本代表監督に抜擢された2017年くらいから急に痩せたようです。

何か良くない病気ではないかと心配されていますが、いったいどうなのでしょうか?

中田久美さんは
現役時代から椎間板ヘルニアの持病を持っていました。

体育館の固い板の上でジャンプしたりするバレーボールの選手は
腰や膝に負担がかかるため椎間板ヘルニアを患う選手も多いようです。

椎間板ヘルニア持ちの中田久美さん、遠征中もエアウィーヴという
特殊なマットレスを持って行っていたそうです。

この商品は、テニスの錦織圭選手やフィギュアスケートの浅田真央さんや、水泳の北島康介さんも愛用しているマットレスで腰や肩にかかる負担を軽減するマットレスとして有名です。

また、飛行機のビジネスクラスにも採用されていて長時間の移動中でも足や腰などの負担を軽減してくれます。

しかし、2015年 中田久美さんが49歳の時にぎっくり腰をやってしまい
持病の椎間板ヘルニアも良くないため手術に踏み切ったそうです。

しかし、中田久美さんの激痩せは2017年くらからなので、椎間板ヘルニアからの影響ではなさそうです。

中田久美さんの激痩せの理由は病ではない

以前、中田久美監督はテレビのインタビュー番組で

「今は東京五輪のことで頭がいっぱい。食べることを忘れる。考えることが多くて。

どうしたら強いチームになるか。どうしたらよいかを常に考えている。」

との発言がありました。

やはり、監督業というのは常に様々な事を考えていなければならず、食事も忘れるくらい頭の中が
バレーボールの試合に勝つことでいっぱいなんですね。

これも日本中の期待を背負っているプレッシャーからでしょうか。

1964年の東京オリンピックで東洋の魔女とまでいわれた金メダルの
日本女子バレーボールの復活をかけての重圧なんですよね。

しかし、今の女子バレボールの中国やアメリカ選手の身長は190cmおろか2m級の選手が登場している中
身長差で大きく下回る日本が活路を見出すのは容易なことではありません。

ココに中田監督の苦悩があるようです。

中田久美以前との体重差はどれくらい?

過去の中田久美さんと今の監督となった中田さんの体重差はどれくらいなのでしょうか?

現役選手ではありませんんので体重は公開されていませんが、写真で見る限り5kg~7Kgほどの体重差がありそうですね。

5kg以上も痩せれば、かなり顔つきも変わってきますし、、、

また、表情も年齢のせいもあると思いますが、痩せているとテレビなどでもかなり険しく写ってしまうようです。

その激ヤセの理由についてですが病気ではないと言うことであれば、やはり代表監督のプレッシャーということの可能性が高いと思われます。

中田久美監督 激痩せの理由は監督業のストレスなのか?

やはりここまで痩せると表情もキツくなってしまいますよね。

中田久美さんはもともと神経質な性格で、激高型の面もあって
後輩の選手からも「怖い」と恐れられていたそうです。

しかも、ここまで痩せて表情が厳しくなるとさらに怖いイメージが強くなってきますね。

怖いというイメージは
それも監督業ということでは仕方のないことかもしれません。

中田久美さんはプレミアリーグ・久光製薬スプリングスで監督を経験されており

  1. 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会
  2. Vプレミアリーグ
  3. 黒鷲旗全日本男女選抜大会

で3冠を達成。

女子チームで初めての快挙でした。

東京オリンピックのプレッシャー

やはり世界の2メートルにも近い選手がいる中国やアメリカに挑むには作戦の重要性があるし、選手のコンディションの把握から日常管理までが監督の責任になるので重大だね
世界バレーの健闘から、ますます日本チームに寄せられる期待は大きくなったけど、もう一つの壁を破らないといけないだろう。体に注意してがんばってほしいもんだね

中田久美さんは、監督としての手腕を評価され、
東京オリンピックという国民の大きな期待を背負って日本バレーボール協会の理事会で
満場一致で全日本の監督に抜擢されたました。

しかし、オリンピックは世界を相手に、そして国の期待を背負って戦わなければいけない一代イベントです。

しかも全日本女子の監督は今までずっと男の監督で
中田久美さんは全日本の女性監督としてはでは生沼スミエさんに次いで2人目です。

勝敗の責任は全部監督にあるわけなので、
選手をしている時よりも大きなプレッシャーを感じるのは当然かもしれません。

しかし、ここまで痩せると体力的な面でも心配になりますね。

東京オリンピックまであと2年
眠れない夜も多くあると思いますがまずは体あっての事です。

体には十分注意してほしいものです。

東京オリンピックでの日本代表女子バレーボールの活躍を期待しています。

<スポンサーリンク>