レシア・ツレンコどんな選手?強さ世界ランク・大坂なおみ戦の試合予想!対戦成績は


日本女子テニス大坂なおみ選手が全米オープンベスト8に進出しましたね

そしてベスト4をかけて戦う相手が
レシア・ツレンコ(ウクライナ)選手です。

あまり知られていない選手ですが、どんな選手なのでしょうか?

身長や世界ランキング
プレースタイルや強さは?

そして大坂なおみ選手との対戦成績は?

全米オープンのベスト4をかけた
大坂なおみVSレシア・ツレンコ戦の試合予想をしてみました。

<スポンサーリンク>






スポンサードリンク

レシア・ツレンコってどんな選手・身長や世界ランキングは

Embed from Getty Images

レシア・ツレンコ

現在世界ランキング36位

生年月日:1989年5月30日 (29歳)
出身地:ウクライナ
身長:174 cm 、体重67kg

これまでの戦績はWTAツアーでシングルス3勝
自己最高ランキングはシングルス29位
ダブルス116位。身長174cm、体重67kg
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち

スポンサードリンク

レシア・ツレンコ選手のプレースタイル

レシア・ツレンコ選手ですが、彼女のプレースタイルは総合力が持ち味の攻撃的な
グラウンドストローク戦を得意としている選手です。

武器は攻撃的なバックハンドです。

Embed from Getty Images

角度のあるフォアから、決めてくるバックハンドは
ウィニングショットとしての威力は十分。

サービスも欠点はありません。

運動能力は高く波に乗れば上位ランキング相手でも撃破しています。

欠点としては我慢強さが指摘されており
攻撃的な選手のため
しっかりと守られると弱みを見せショットの精度が崩れるケースがあります。

<スポンサーリンク>






大坂なおみとレシア・ツレンコ過去の対戦成績(戦績)は

Embed from Getty Images
大坂なおみ選手とレシア・ツレンコ選手は過去1回だけ対戦しています。

対戦成績は大坂なおみ選手の1勝0敗

2014年のメキシコ・イラプアトでのツアー下部大会で
6―4、6―3で大坂選手が勝っています。

この時は、大坂なおみ選手の強力なサーブとフォアハンドのパワーテニスで
レシア・ツレンコ選手につけ入るすきを与えませんでした。

大坂なおみVSレシア・ツレンコの試合予想

Embed from Getty Images
大坂なおみ選手は現在世界ランク19位で
世界ランク36位のレシア・ツレンコ選手よりも格上です。

身長も大坂なおみ選手が高くレシア・ツレンコ選手に対しては強力なサーブを武器に力の
対決で挑むことが予想されます。

一方、ツレンコ選手も年齢も29歳ですが、大坂選手に劣ら攻撃的なテニスで大坂選手のパワーテニスに対応してくると
思われます。

レシア・ツレンコの対大坂なおみ戦の戦略は

Embed from Getty Images
ツレンコ選手は前回の大会で大坂選手に破れた時の事をよく研究しているようで
大坂選手の印象に対して「サーブとフォアハンドが印象に残っている」と振り返っています。

また、現在の大坂選手のプレースタイルは「更に安定してパワフルになっていると思う」と述べています。

しかし、大坂選手に対して以下の意味深なコメントがありました。

「(大坂なおみ選手は)ハードコートでは常に攻撃してくるのが好きだろうけれど、私のプレースタイルは少し違う」

これは、同じ攻撃型テニスであってもツレンコ選手のほうがより
ストローク戦を制する力を持っていることに自身を持っているという証拠でしょう。

ツレンコ選手は全米では2016年に16強に勝ち上がり
今年の全米ではノーシードながら2回戦で第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)をストレートで下し波に乗っている状況です。

ストローク戦になると前回の試合’(4回戦)で体力的な弱さをみせた大坂選手の弱みをついて来ることが予想されます。

大坂なおみ体力と精神力が心配

Embed from Getty Images
一方、大坂なおみ選手は4回戦は熱中症で厳しい戦いを強いられました。

その時の後遺症やまた熱中症が心配されます。

もう少し気温が下がってくれればいいのですが、、、

4回戦は熱中症でフラフラになりながらの戦い。アイスバスにつかって元気を取り戻した会見で、「人生で最もしんどい試合だった。体が全くコントロールできなくなって、簡単なミスをしてしまった」と振り返った。第1セットはタイブレイクで落とし、第2セット第2ゲームまでは、めまいで棄権も頭をよぎるほどの状態だった。風が吹いて涼しく感じられ持ち直したという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000062-sph-spo

大坂なおみVSレシア・ツレンコの試合のポイントはファーストサーブ!

Embed from Getty Images

大坂選手のプレーの軸は「サーブとリターン」です。

攻撃的な打ち合いで相手を走らせ消耗戦を制するツレンコ選手の戦術にかかると
体力的な面や精神的な面で厳しい状況に立たされると思います。

強力な相手をコートの外に追い出してしまうファーストサーブの確率にかかっていそうです。

サーブが決まればサービスエースやワンポイントで得点を重ねられるので
消耗戦を回避できるでしょう。

これに多彩な攻撃のグランドストロークで応戦するレシア・ツレンコ。

いずれにしても大坂なおみ選手のベスト4をかけたレシア・ツレンコ戦の試合は見逃せない試合となりそうですね。

<スポンサーリンク>







テニス面白動画!!見たら病みつき

2018.09.04
スポンサードリンク

スマホ、タブレットでスポーツ見るならこちら
今、無料で見れるスポーツはこちらから>>>
【DAZN】初月1ヶ月無料お試し