M■

大谷翔平の新人王の対抗馬ミゲル・アンドゥーハル(ヤンキース)選手とは?

MLB新人王を狙う大谷翔平選手の一番のライバルになるのが、ヤンキースのミゲル・アンドゥーハル三塁手

シーズンを通してプレーし、プレーオフへと猛進するヤンキースの快進撃の原動力新人のミゲル・アンドゥーハル三塁手は
最近はクリーンアップを打っていることは大きなプラス材料ですが、守備の拙さが指摘されていいます。

Embed from Getty Images

この、大谷翔平選手の新人王争いのライバルヤンキースのミゲル・アンドゥーハル三塁手について調べてみました。







スポンサードリンク

ミゲル・アンドゥーハル選手とは?

Embed from Getty Images

身長/体重183cm/96kg

・生年月日
1995年3月2日

・ポジション 内野手

・投打 右投右打

・出身地 ドミニカ共和国

ヤンキースのプレーオフ進出の原動力となったアンドゥーハと大谷の新人王争いが激化

新人王争いは成績でアンドゥーハはここまで128試合出場で規定到達してて新人内の成績はトップです。

ミゲル・エンリケ・アンドゥハー(Miguel Enrique Andújar, 1995年3月2日 – )は、ドミニカ共和国サン・クリストバル州サン・クリストバル州出身のプロ野球選手(三塁手)
右投右打。MLB・ニューヨーク・ヤンキース所属。

【関連記事】
大谷翔平の走塁と走りのスピードが驚異的!大谷選手の足の速さ100m何秒のタイム







スポンサードリンク

ミゲル・エンリケ・アンドゥハー2018打撃成績

ヤンキースのミゲル・エンリケ・アンドゥハー選手は
2017年は開幕をAA級トレントンで迎えました。

そしてAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースを経て6月28日にマット・ホリデイが故障者リスト入りしたため、メジャー初昇格を果たし
シカゴ・ホワイトソックス戦にて「7番・指名打者」で先発出場し、この試合で4打数3安打4打点と、
鮮烈なメジャーデビューを飾りました。

2017年は
MLB1年目の2017は5試合に出場
7打数4 安打 2本の二塁打を記録 打率.571

レギュラーシーズンとなる2018年は現在まで(2018/09/30)
打率.296
564打数167安打
ホームラン27本
出塁率.328 44本の二塁打で長打率.525

なんと、新人でジョー・ディマジオに並ぶ2塁打数!!アンドゥーハ

ミゲル・アンドゥーハル選手は守備が弱点

Embed from Getty Images

大谷翔平選手と新人王争いをしている、ミゲル・アンドゥーハル選手はホームラン数や打率では大谷選手を凌ぐものの
守備においてはあまり上手いとは言えないようで評価が低い状況です。

また、ミゲル・アンドゥーハル選手に本塁打では6本の差をつけられている大谷選手ですが
シーズン10個目の盗塁を決め、ミゲル・アンドゥーハル選手の盗塁2に差をつけています。

ただ、個人成績よりもヤンキースをプレーオフまで持ってきた
アンドゥーハルの評価は高いものがありますね。

エンゼルス・大谷、新人王投票3位 MLB公式サイトが独自で実施

 大リーグ公式サイトは4日(日本時間5日)、独自で実施した新人王投票の結果を公表。ア・リーグ新人王の有力候補に挙がっている大谷は85ポイントで、ヤンキースの2選手、アンドゥハー(93ポイント。打率・299、23本塁打、76打点)とトーレス(88ポイント。打率・279、22本塁打、66打点)に続く3位だった。

 大谷はここまで打者で80試合(代打22試合)に出場し、打率・276、15本塁打、43打点。投手では10試合に登板し、4勝2敗、防御率3・31。

 チームの残り試合は24。大谷は投手として復帰2戦目となる9日(同10日)のホワイトソックス戦を含め、最多で4試合の登板機会を残し、打者としては登板前後の試合を欠場するとして最多で14試合に出場すると予想される。二刀流としての質はすでに証明しており、数字をどこまで伸ばせるかがカギとなりそうだ。

現在、右肘の故障で投手としては登板できない大谷翔平選手ですが
前半の投手としての4勝を加味すれば新人王どうかな、、、、







スポンサードリンク