吉田輝星は調子乗り過ぎ!性格は?侍ポーズのドラフトの目玉は大成するのか

2018年の高校生投手の部門のドラフトの目玉は何といっても
金足農業の吉田輝星投手ですね!

そんな吉田輝星投手の性格ってどうなの?

性格悪いがプロ向きとの声も

吉田輝星投手の性格って侍ポーズの態度が調子乗りすぎから来ている感はありますが実際はどうなのでしょうか?

吉田輝星プロ野球志望届を提出

吉田輝星(こうせい)投手(17)
2018夏の第100回全国高校野球選手権大会で準優勝に輝いた秋田・金足農の快進撃の原動力です。

その、吉田輝星投手は10月5日

正式にプロ野球志望届を提出することがわかりました。

10月10日に金足農業高校で開かれる会見で正式発表するとみられています。







吉田輝星は性格悪そう?

ネットでは吉田輝星は性格悪そうの話題がありますが
実際のところどうなのでしょう?

吉田輝星投手の性格が悪いということはなく負けん気の強さから
こういわれているのかも。

実際は何度も映像で流れたようにチームメイトから慕われる
素直な好青年だと思います。

ネットで性格が悪いとう話題は、甲子園でみせた侍ポーズが
調子に乗りすぎ、生意気という声を浴びたからでは?






吉田輝星は調子乗り過ぎ?

甲子園をあまり見ていない方の中には、今取り上げられている侍ポーズが何かが分からない方がいると思うので、
吉田輝星さんがやっている侍ポーズとは何かについて簡単にご紹介します!

先程言ったように、この侍ポーズというのは吉田輝星さんが試合中に行うルーティンです。

具体的には、初回の守備につく際、中堅手の大友と刀を抜くようなしぐさをし合い、
最終回の守備に就く前には刀を納めるしぐさのルーティンで、このルーティンをやったときは必ず勝っているので必勝ルーティンとも言われているんですね〜

選手がルーティンとして行っている侍ポーズについてです!

このポーズを見たときはなかなか変わったルーティンだけど、面白いルーティンだなということしか思いませんでした。

侍ポーズが禁止された理由は?

快進撃を続ける金足農業がついに夏の甲子園で決勝に進みました!
吉田 輝星選手はマウンドでセンターの大友選手と侍ポーズをやっていますが これが高野連に禁止された?

ルーティンとなっている刀を抜くような侍ポーズ。

かっこいいですね!

しかし、試合前に「もうしちゃだめだよ」と高野連から禁止令があったそうです。

高校野球・周知徹底事項を見てみたんですが、該当する記載はありませんね。

ガッツポーズと侍ポーズは違う!

先日、話題になったガッツポーズについては書いてあるのですが…

今年の夏の甲子園では大会屈指の剛腕、創志学園(岡山)の西純矢(2年)ガッツポーズが高野連から注意された
事件がありました。

大リーグや米国、国際野球の舞台では、ガッツポーズはしてやったりで相手を侮辱する行為として戒められている
そうです。

日本の武士道精神の剣道でも反する態度だといわれています。

しかし、ガッツポーストは違い侍ポーズは相手を侮辱する行為ではありませんし
何かしてやったりの後でやる行為でもないですよね。

それを考えると卓球の張本智和くんのチョレイやハリバウワーのほうがヤバイですが、、、

侍ポーズ禁止の理由については
高野連は正式に説明してはいません。

おそらく「試合をテンポ良く進めるために」という事項に沿ってだと思います。

最近の高校野球もガッツポーズ禁止もそうでしたが、なんだか盛り上がりに水を差してるようでなりませんね。

そんな高野連の対応に批判の声が多数あがっているのも事実です。

吉田輝星の性格はプロ向き

やはり、プロで成功するには技術もですが何か一つ光り物が必要ですよね。

松坂大輔投手も決勝でノーヒット・ノーランを達成するなどカリスマ性も持っていました。

吉田投手も決勝で大阪桐蔭に破れたものの
サムライポーズをはじめ、何か大衆を引きつける光るものがあります。

そういった意味では大観衆を物ともせず
侍ポーズをやる、度胸とかそういったものを感じます。

吉田投手は甲子園から戻った直後の8月23日、学校での記者会見で「将来的にはプロで」との意思を示していたそうです。

ドラフトでの注目は一層盛り上がりそうですね。