本田真凜コーチをラファエル・アルトゥニアン(男性)に変更の理由?

コーチ変更を決めた本田真凜は、アメリカの地で飛躍できるでしょうか?

本田真凜選手は濱田美栄コーチから男性のラファエル・アルトゥニアンコーチにに変更しました。

フィギュアスケートにおける五輪の後の春と言えば、4年後に向けた仕切り直しのタイミングです。
北京オリンピック(冬季)を目指しコーチを変更する選手も多くいます。

全日本選手権で7位に終わり平昌オリンピック代表逃した本田真凜もその1人。

<スポンサーリンク>





本田真凜がラファエルコーチの元に移籍を発表

本田真凜選手は、宮原知子のコーチも行っている女性の濱田美栄コーチから
男性の外国人のラファエル・アルトゥニアンコーチにコーチ変更を発表しました。

ラファエルアルトゥニアンコーチといえば浅田真央のコーチとしても知られるコーチですが、
はたして長年連れ添った母親みたいな濱田美栄コーチから男性の厳しいコーチへの変更は本田真凜にとって吉と出るのか?凶と出るのか、

本田真凜選手がコーチを変更した理由はいったい何だったのか

新コーチへのコメントも交え新天地アメリカでの飛躍を期待したいと思います。

本田真凜が前コーチの濱田美栄コーチとトラブル?

本田真凜選手は長年連れ添った母親みたいな濱田美栄コーチからなぜ、外国人の男性コーチに変えたのでしょうか?

濱田コーチとの間に方針などのトラブルがあったのでしょうか?

ジュニアの育成に定評がある濱田美栄コーチは本田真凜選手に厳しい目を向けていたといわれています。

濱田美栄コーチが本田選手に異例の辛口コメントでスケートファンからも批判殺到した事件がありました。

その理由はマスコミメディアなどに関するもので

本田3姉妹、真凛(マリン)、望結(ミユ)紗来(サキ)は
はテレビCMなどに一緒に出演することも多く
特に平昌オリンピックをかけた予選前でも人気は過熱気味でした。

そして、真凛選手のCM出演などで
練習時間が減っていると言うものでした。

オリンピックの出場枠ををかけた試合で敗れたにもかかわらず人気は上昇しているのです。

本田選手の人気と練習量は反比例していた事を濱田美栄コーチは危惧していたようです。

<スポンサーリンク>





本田真凜が平昌五輪を見て悔し涙

同じ濱田美栄コーチの元で練習を積んだ宮原選手は平昌オリンピックで素晴らしい成績を残しました。

これを見て本田選手は悔し涙を流したといわれています。

濱田コーチと本田選手の間でトラブルがあったとは考えにくいのですが、
今回はそのような悔しさから本田選手は生活環境すべ変えると言う覚悟に出たのではないでしょうか。

日本にいてはやはりマスコミへの活動は、姉妹を通じて否応なく対応せざるを得ない状況です。

そのために濱田コーチの元を離れて環境を変えるために外国での生活を選んだのではないかとも考えられます。

本田真凜は練習嫌いなのか?

ネットでは天才肌で練習嫌いの本田真凜選手と努力家・練習の鬼とも言われる宮原知子選手が比較されますが、本田真凜選手は本当に練習嫌いなのでしょうか?

あくまでも比較論でいうと、宮原選手よりも練習の量は少なかったと思われますし、ある程度の練習量で卒なくこなす才能とスター性が本田選手には備わっていたのは確かでしょう。

しかし、本田選手の場合は練習嫌いというよりも、環境が練習をする時間を奪い取ってしまったのではないでしょうか。

CMなどの妹たちの芸能活動にも否が応でも対応せざるを得ませんし、関西在住の本田選手は
CMなどの撮影やマスメディアの対応のためには東京まで足を運ばざるを得ないことも多かったでしょうし
当然、その分練習時間は削られてしまうわけです。

濱田コーチの危惧していたことそのもののようです。

<スポンサーリンク>





本田真凜 コーチ変更した理由は

そして、本田真凜選手から重大発表がありました。

かって浅田真央が師事したラファエル・アルトゥニアン氏(60)のもとに活動の拠点を移すことを発表しました。

その拠点となるところはアメリカ・ロサンゼルスです。

コーチを変更した理由については本田真凜選手はこう言っています。

「去年すごく悔しい思いをしたのでその分今シーズンは去年の悔しさを存分に晴らせるシーズンにしたいです」

「環境を変えて新しくスタートできたらいいと思います」

昨年の全日本選手権で7位がよほど悔しかったにちがいありません。

また、本田選手が逃した平昌での宮原知子の活躍、そしてロシア勢のザギトワやメドベジュワなど自分と同じくらいの年代で世界ジュニア選手でのライバルたちの活躍が目覚ましかった平昌五輪。

本田真凜選手は2016年世界ジュニア選手権で優勝するなど素質は抜群の選手です。

国内に埋もれているのではなく環境を変えて広く世界に活路を見いだしたかったのでしょう。

練習拠点とコーチを変更

それが、今回のコーチ変更と活動拠点をアメリカへ移す行動となって現れたようです。

すでに3月から兄の大樹と共にロサンゼルス郊外のレイクウッドのトレーニングセンターで練習をスタートさせているとのことです。

思いついたら行動が早いですね!

「素早い決断と行動」これも世界のTOPを目指すアスリートの資質ではないでしょうか?

本田真凜

生年月日:2001年8月21日 (16歳)
出身地:伏見区
身長:161 cm

フィギュアスケート選手
2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝
2015年ジュニアグランプリファイナル3位

2016年世界ジュニア選手権で優勝するなど素質は抜群
新天地のアメリカでジャンプ技術を磨き、冬季北京五輪を目指す。

本田真凜のコーチのラファエル・アルトゥニアンとは

ラファエル・アルトゥニアン氏は旧ソ連出身で元世界女王のミッシェル・クアンを育てたことで有名なコーチです。

現在は5種類の4回転ジャンパーであるネイサン・チェンを指導するなどジャンプ技術の指導には定評があります。

ラファエル・アルトゥニアン・コーチは有能なのでしょうか。そして天才肌の本田真凜選手の才能を開花させることができるのでしょうか?

ラファエル・アルトゥニアン

生年月日:1957年7月5日 (60歳)
出身地:トビリシ

ソビエト連邦出身の著名なフィギュアスケートコーチとして知られる
ラファエル・アルトゥニアン氏は日旧ソビエト連邦グルジアトビリシ生まれで現在60歳です。

フィギュアスケー選手時代には著名な成績はありませんでしたが

ソビエトスポーツマスターの候補となり競技引退後アルメニア体育学校に進みます。

その後、1985年までジュニア選手の育成を
エレバンのフィギュアスケート学校で行います。

2000年、アメリカロサンゼルス近郊にあるトレーニングセンターのコーチとなり世界的な競技選手のコーチを担当

ファエル・アルトゥニアンコーチが過去に指導した選手

  • アレクサンドル・アブト
  • ジェフリー・バトル
  • 浅田真央
  • サーシャ・コーエン
  • 浅田舞
  • ミシェル・クワン
  • セルゲイ・ボロノフ
  • アレクサンドル・シュービン
  • イワン・ディネフ
  • キーラ・コルピ
  • ハンナ・ミラー

ファエル・アルトゥニアンコーチが現在指導している選手

  • アダム・リッポン
  • アシュリー・ワグナー
  • イム・ウンス
  • ネイサン・チェン
  • 本田真凜
  • 本田太一
  • マライア・ベル
  • ミハル・ブジェジナ
  • ロマン・ポンサール

もちろん、本田真凜選手と兄の本田太一選手のコーチも引き受けているんですね。

ラファエル・アルトゥニアンコーチと浅田真央

ラファエルアルトゥニアンコーチの指導は常に目標を高く置きます。

浅田真央選手は2006年山田満知子コーチの下から移籍しました。

当時浅田選手は現役女子で唯一トリプルアクセルを飛んでいた選手でしたがアルトゥニアン氏は「

女子だからといって飛べるだけで満足させない」

「アグレッシブに進化するべきだと」と言い難しいステップからトリプルアクセルを飛ぶ技術を指導しました

浅田選手は当初は苦労しましたが最終的に成功させてみせました。

アルトゥニアン氏は練習も厳しく曲をかけての練習でミスをしても必ず最後まで通させました。

浅田選手に彼はこう指導しています。

「試合では、やはりやり直しはできない」

「1つミスをしてもその後パーフェクトに滑れるあきらめない選手が本当の強い選手だ」

その証拠に平昌五輪のショートで17位となってもフリーで6本の4回転に挑んだネイサン・チェンを見てもアルトゥニアン氏の指導方針が伺えます。

本田真凜のコーチへのコメント

本田真凜はラファエルコーチ対して以下のようなコメントを出しています。

「ラファエルコーチは練習がすごく厳しくてジャンプも今までと違う飛び方とか、自分ができないことがたくさんある。」

「できることを一つ一つ増やしていきたい」

「女子の進化に自分もついていけるように頑張りたい」

やはり、環境を変えて厳しく自分を追い込む覚悟の表れのようですね。

本田真凜選手が新コーチの元でジャンプ技術を磨く

現在、女子のフィギュアスケートにおけるジャンプは進化の真っ只中

ロシアのザギトワやメドベージェワを筆頭に、最近では13歳のトルソワが4回転トゥループを成功

日本では紀平梨花選手や長洲未来選手などトリプルアクセル成功者が増えています。

アルトゥニアンコーチは本田真凜選手に「アメリカでの練習は最低2年必要」と話したそうです。

4年後のオリンピックに向け女子のジャンプレベルはロシア勢を中心に大きな進化が予想されています。

表現力や滑りに秀でた本田真凜選手がジャンプ技術を磨けば怖いものなし
アメリカロサンゼルスからのマリン旋風を期待したいですね!!

<スポンサーリンク>