名古屋ウィメンズマラソン ティファニー2019刻印(完走記念品)値段は?

名古屋ウィメンズマラソンではティファニー 刻印が完走記念品として全員に贈られます。そのお値段やデザインはいったいどのようなものなのでしょうか?

春の名古屋の風物詩のひとつとなりつつある名古屋ウィメンズマラソン。今年2019年も3月10日(日)9:00.スタートで開催されます。完走するとティファニーがもらえる!と噂の大会ですが、いったいどんなイベントなんでしょうか。

<スポンサーリンク>





ティファニー 刻印が完走記念|名古屋ウィメンズ マラソンとは

2011年まで開催されていた「名古屋国際女子マラソン」が2012年から名称を変更したもので、夏季オリンピックやアジア競技大会の代表選考会も兼ねるマラソン大会です。

名古屋ウィメンズマラソン2019 は観戦者にとってはドーハ2019世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会と東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会であるマラソングランドチャンピオンシップシリーズ2018-2019の選考会を兼ねた大会であることから世界選手権やオリンピックを目指す招待選手の熱戦が期待できます。

また、世界を目指すランナーだけではなく一般の女性の市民ランナーや初心者の方も参加しやすく楽しめる大会内容となっています。

名古屋ウィメンズマラソンのコースはナゴヤドームを出発し、テレビ塔・100m道路・名古屋城などの市内の名所を巡り、再びナゴヤドームに戻ってくる道のりで、平坦な道が多いため、初心者にもチャレンジしやすいフルマラソンと言われています。

制限時間も7時間あるため給水タイムやトイレタイムも十分とってまずは目標として完走を楽しむランナーの方も多くいらっしゃいます。そして、実は参加者が完走を目指すのにはひとつ大きな理由があるのです。

 

2019年も名古屋ウィメンズマラソン完走者に「ティファニー」のオリジナルペンダントを贈呈

それは、この大会のシンボルともなっているティファニーのペンダントが完走者全員に贈られるからなのです。しかもタキシードの男性から一人づつ手渡されるんです。女性ランナーの輝ける瞬間ですよね。

※写真は2018年のペンダントです。

名古屋ウィメンズマラソンといえば……ティファニー!
第1回大会からご好評をいただいている、ティファニーのオリジナルペンダントが、2019年大会でも完走者全員に贈られます。

名古屋ウィメンズマラソンはフィニッシュゲートで終わりではありません。そのあとに続くティファニーブルーのゲートはもう一つのクライマックス。完走者ひとり一人に、タキシード姿の男性から「ブルーボックス」が手渡され、笑顔になる瞬間です。

<スポンサーリンク>





名古屋ウィメンズマラソン ティファニー 刻印|完走記念品のお値段とデザインは?

画像参照)https://www.photoclip.net/blog/2015/03/09/nagoya-womens-marathon-2015/

この大会の完走者にはいくつかのプレゼントがあり、それを目当てで遠方から参加し完走を目指す人もいます。

完走・参加賞としてメナード化粧品が、完走賞としてニューバランス特製のフィニッシャーTシャツが贈られるのですが、話題になっているのは別のもうひとつの賞品。

ティファニーのオリジナルペンダントです。あのティファニーですよ!

ちなみに「名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン」の入賞者のトロフィーも、ティファニー製のものです。これもティファニーに対する女性人気がうかがえる一面ですね。

完走してティファニーをもらう感激の瞬間)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000146.000010426.html

名古屋ウィメンズマラソンではナゴヤドームのフィニッシュゲートを通過した後、更にティファニーブルーのゲートを進めば、完走者はペンダントの入ったティファニーブルーのボックスを手に入れることができます。

完走とティファニー、二重の感激の瞬間です。

ちなみにこのタキシード姿の男性は「おもてなしタキシード隊」と呼ばれ完走した女性ランナーに大会オリジナルのティファニーフィニッシャーペンダントを贈呈するために4倍以上の難関を超えて選ばれた50名男性陣です。

今年も「おもてなしタキシード隊2019」が素敵な笑顔とおもてなしの心でランナーの皆さまをゴールお待ちしていますよ!

気になるペンダントのお値段価値は?

でも、ティファニーのペンダントの値段もピンきりですよね。ちょっと気になりますが、いったいいくら位の値段のペンダントが贈られるのでようか?

ペンダントのデザインは花をモチーフにしたもので毎年変わります。大会オリジナルの特製品のため値段はつけられませんが、通常ティファニーのペンダントは1万円台の後半以上するものです。

マラソンの一般参加費12000円+完走でそれを手に入れられるとすればかなりお値段的にはお得ですね。

ちなみに、オークションサイトなどに出品されているものもありますが、コンディションやデザインで価格は大きく変わってきます。使用済みの中古でも7000円ほどで落札されているケースもあります。

コレクターの方などはどうしても欲しくなるペンダントでしょう。

ティファニーのエングレービングの完走タイムの刻印が値打ち

画像参照)http://blog-imgs-90.fc2.com/k/a/o/kaorin9999/KIMG0973.jpg

名古屋ウィメンズマラソンの超目玉のティファニーのペンダントは手に入れるだけで終わりではありません。
エングレービング、つまり彫刻のサービスがあるのです。
全国のティファニーブティック、もしくは窓口へ送ると、自身の完走タイムを刻印してもらえます(但し有料・税抜¥1600)。

やはり、マラソンに参加して完走したタイムの刻印があってこそ自分にとって手放せない価値のあるペンダントになるのではないでしょうか?

また、毎年参加して記録を伸ばしながらペンダントのコレクションを行っている女性ランナーの方も数多くいらっしゃいます。

そういった意味では参加費12000円でマラソン体験と記念の刻印ペンダントが手に入るのは名古屋ウィメンズマラソンの価値を大きく引き上げているポイントだと思います。

<スポンサーリンク>





ティファニーへのエングレービング(彫刻)の配送方法と加工期間と納期

2018名古屋ウィメンズマラソンの完走記念品ティファニーへのエングレービング(彫刻)については
全国のティファニーブティック または配送で実施できます。

配送の場合はお電話でカスタマーサービス
(TEL:0120-488-712 受付時間: 10:00~20:00 年末年始を除き年中無休)までご連絡して配送

カストマーセンターから完走記念品のティファニーをお送りいただく専用キット一式が郵送されてきます。

(注意)往復の送料は別途お客様のご負担になります。

配送の場合は支払いは送料と加工代金クレジットカード一括払いのみです。

エングレービング(刻印)の詳細について

受付期間:2018年3月11日(日)~8月31日(金)

エングレービング方法:マシン エングレービング(機械彫り)
筆記体または活字体 エングレービング内容:○:○○:○○(時間:分:秒)
※完走タイムのみ 加工代金:1,600円 /件(税抜き)

納期は3週間~1ヶ月くらいかかるそうです。

過去の名古屋ウィメンズマラソン完走記念品へのエングレービングも可能
(は完走タイムのみ)

詳しくはこちらを御覧ください。

歴代の名古屋ウィメンズマラソン完走記念のティファニーペンダントのデザインは

今年2019年は年目を迎える名古屋ウィメンズマラソンですが、歴代のペンダントのデザインはどんなものがあったのでしょうか?興味がありますね。

2012年

2012年のデザインは花のデザインではなく英語の文字が刻印されただけのものでしたが、2013年から花がデザインとして描かれて人気が急上昇したようですね。

2013年

ペンダントの形自体は花の形ではありませんが、ペンダントには花が描かれています。この花は百合の花で、名古屋の千種公園で有名な百合をあしらったデザインだと言われています。

2014年

こちらはカキツバタ。カキツバタは愛知県の花です。やはり地元に縁のある花をデザインに使っていますね。

2015年

人気が高いのがこの2015年大会の桜です。デザインの形も花の形になってとっても可愛い、ティファニーらしいデザインになっています。

2016年

2016年はティファニーのシンボルマークとも言えるハート型のデザインに蘭の花が描かれています。ティファニーらしい可愛さがありますね。

2017年

バラの花です。小さいけど、とても可愛いバラの花がデザインになっています。これもティファニーらしくてかわいいデザインで人気がありました。

2018年

 

名古屋ウィメンズマラソン ティファニーへのエングレービングは自分へのご褒美

まさに頑張った自分へのご褒美です。世界にひとつだけ。時間とお金はかかりますが、是非エングレービングのサービスを利用しましょう。

タキシードを着た男性が大会をサポートしてくれる「おもてなしタキシード隊」や10000人近いボランティアの方々の支えで、毎年盛り上がる名古屋ウィメンズマラソン。

芸能人の招待ランナーも参加します。

スタート付近や周辺道路は交通規制がありますが、沿道での応援、また名古屋ドームの観客席でのフィニッシュ時の観戦は可能です。

たくさんの女性ランナーにエールを送りに出かけてみてください。
きっと、パワーをもらえますよ。

<スポンサーリンク>