2019年夏の甲子園の組み合わせ日程抽選会

2019年の夏の甲子園に向けて、各地で熱い予選が繰り広げられています。地方予選で優勝校が決まり、甲子園への出場に名乗りを上げる高校が出始めると、遅れていた梅雨明けと共に、いよいよ甲子園の本大会が近づいた事を実感します。
地方予選で活躍している選手の甲子園での雄姿を見たいと言った想いと共に、少し気は早いけれど本大会の組み合わせ・抽選会も気になって来たりします。
本記事では、夏の甲子園の日程、トーナメント表、組み合わせ抽選会の日程等について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

2019年夏の甲子園の日程はどうなっている?

2019年の夏の甲子園は第101回大会となります。この大会の開会式は、8月6日(火)9:00からとなっており、開会式後試合が始まります。
大会は休養日2日を含む16日間の日程計画で行われ、決勝戦は8月21日(水)の予定となっています。もちろん、雨天で試合が出来ない日が続くと日程が遅れる事もあります。

各日程の試合数としては、開会式の日は3試合、開会式の翌日の8月7日から16日までは原則毎日4試合行われ、8月10日と14日のみ3試合となっています。
8月17日は準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出揃った翌日の8月18日は休養日です。
8月19日には準決勝2試合が行われ、翌20日は再び休養日で21日が決勝戦の日程計画となっています。

スポンサードリンク

2019年夏の甲子園のトーナメント表

2018年の第100回は記念大会であった事から、本大会の出場高校は56校でしたが、2019年の大会は、例年通りの49校となります。
49校の内訳は、47都道府県中で北海道が北と南の代表2校、東京都が東と西の2校の代表校が出場し、これと残りの45府県をプラスして49校となっています。

49校のトーナメントなので、1回戦を戦うのは34校で、ここを勝ち進んだ17校と、1回戦が不戦勝の15校の合計32校で2回戦を戦う事となります。
全出場高校や組み合わせとも未定ですが、これで学校名は空欄としたトーナメント表と日程計画が当てはめられています。

2019年夏の甲子園の組み合わせ抽選会中継はいつあるのか?

2019年夏の甲子園の組み合わせ抽選会は、8月3日(土)の午後4時から大阪フェストバルホールで行われます。
リアルタイムに組み合わせ抽選会のテレビ放映を予定されているのは、地デジではなく、CS放送の「スカパーのスカイA」のみです。
CS放送以外ではネットの「バーチャル高校野球」がライブ配信する予定となっています。

さて、この抽選会では具体的にどの様に抽選が行われるのでしょうか。最初に会場に入場する際に、抽選を行う順番を決めるくじを引きます。
その後、会場で関係者が見守る中で、その順番に従ってトーナメント表を埋める形で高校名が決まって行きます。
8月3日の組み合わせ抽選会では、1~3回戦までの組み合わせが決められ、準々決勝、準決勝の組み合わせは、それぞれ3回戦後・準々決勝後に行われます。

また開会式で選手宣誓を行うチームのキャプテンも、この抽選会で決められます。現在では選手宣誓は立候補制になっており、立候補したキャプテンの中から、組み合わせ抽選の最も小さな数字を引いた選手が行う事になっています。

まとめ 待ち遠しい夏の甲子園の組み合わせ抽選会

2019年夏の甲子園への出場校が続々と名乗りを上げており、今年も熱い夏の訪れを感じさせられます。大会は8月6日から21日まで開催されます。出場校は例年通り49校で、15校は1回戦が不戦勝となります。
その組み合わせ抽選会は、8月3日(土)の午後4時から大阪フェストバルホールで行われ、その模様のライブ放送は、CSのスカイAのみで放映され、地デジは放送がありません。またネットの「バーチャル高校野球」でもライブ配信が予定されています。
さらに選手宣誓も立候補した高校のキャプテンの中から、組み合わせ抽選に合わせて決まります。

スポンサードリンク