TBS「消えた天才」休止 大谷翔平のライバル天才も?

球速を加工した『消えた天才』、ヤラセの常習犯だった? 「大谷翔平が勝てなかった天才」も??

テレビ番組消えた天才とは

『消えた天才』は、TBSテレビで2018年10月21日から毎週日曜20:00 – 20:54に放送されているドキュメンタリー・バラエティ番組。

スポンサードリンク

ビデオの早回しで球速を速く見せる

問題が指摘されたのは、8月11日に放送の『消えた天才』のひとコマです。放送した投球シーン全31球のうち7球で、天才と言われる少年がボールをリリースした瞬間からミットに収まるまでの時間に加工が行われていた事が発覚。映像のスピードを実際よりも2割程度速くしていたと番組ホームページは説明しています」

スポンサードリンク

「消えた天才」からのご報告とお詫び

2019年9月5日

8月11日放送の「消えた天才」で、リトルリーグ全国大会で全打者三振の完全試合を達成した当時12歳の少年の試合映像を放送した際、映像を早回しすることで実際の投球よりもストレートの球速が速く見える加工を行っていたことがわかりました。
加工が行われたのは、放送した投球シーン全31球のうち7球で、投手がボールをリリースした瞬間からキャッチャーミットに収まるまでの約0.5秒間について、映像のスピードを実際よりも2割程度速くしていました。アスリートの凄さを実際の映像で表現するという番組の根幹をなす部分を加工することは、番組としては絶対にあってはならない手法だと考えております。
取材に協力してくださったご本人及び関係者の方々、そして番組をご覧いただいた視聴者の皆様に深くお詫びいたします。

「大谷翔平が勝てなかった天才」

過去の放送も調査からは
「大谷翔平が勝てなかった天才」についてはなかったようです。

 また過去の放送で、同様の加工が行われていなかったかどうか調査を行った結果、現時点で8月11日放送分の他に3件あったことが確認されました。内容は以下の通りです。

しかし同様の加工が行われていたことが以下3件発覚

 

現在のところ発覚は3件

1.2018年1月3日放送
インターハイ卓球女子シングルスで優勝した女性が現役引退後、29歳になった時に卓球をする映像のスピードを実際よりも2割程度速くしていました。

2.2018年1月3日放送
地方のフィギュアスケート大会で優勝した当時小学生の男子の映像について、スピンのスピードを実際よりも2割程度速くしていました。

3.2018年11月4日放送
元Jリーガーの男性が小学生時代に出場した試合について、ドリブル突破を図る映像のスピードを2割程度速くしていました。

「消えた天才」放送を休止

 私どもは今回の事案を重く受け止め、調査が完了するまで「消えた天才」の放送を休止いたします。
取材に協力してくださったご本人及び関係者の方々、そして番組をご覧いただいた視聴者の皆様に重ねて深くお詫びいたします。

スポンサードリンク

「ワールドカップバレー2019」同時配信&見逃し配信無料!!
日本戦全22試合をFODでインターネット同時配信&見逃し配信

通勤中の電車の中でもスマホで観れる

9月14日(土)女子日本代表の第1戦から10月15日(火)男子日本代表の最終戦まで、地上波フジテレビ系列で生中継する<日本戦全22試合>
インターネット同時配信!さらに10月22日まで同じ<日本戦全22試合>を見逃し配信!
どちらもフジテレビの公式動画配信サービス「FOD (フジテレビオンデマンド)」無料でご覧いただけます!
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】