拳四朗父との身長差は?まるでガリバーと小人(笑)

5/25金曜日 拳四朗と宿敵ロペスとのV3の防衛戦!

ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(26=BMB)と挑戦者同級1位で前王者のガニガン・ロペス(36=メキシコ)の試合が5月25日に大田区総合体育館で行われます。

挑戦者のガニガン・ロペス選手の公開練習を拳四朗の父でBMBジムの寺地永会長も視察というニュースが流れました。

知らなかったのですが拳四朗選手の父は元ボクシング選手でBMBジムの会長をされているのですね。

また、拳四朗選手と父親の写っている写真を見ると非常に身長の差が大きいことに驚きますね!

まるでガリバーと小人(笑)

いったい、拳四朗選手の父親の身長は何センチなのでしょうか?
また、この身長だと何級の選手だったのでしょうか?




拳四朗の身長とプロフィール

拳四朗選手は身長164.1cm
ボクシングライトフライ級の選手です。

拳四朗

画像

 画像)Wikiより

拳四朗選手の本名は寺地 拳四朗(てらじ けんしろう)という名前で
名字こそ寺地ですが名前は拳四朗という本名そのままなんんです。

拳四朗という名前は漫画『北斗の拳』の主人公・ケンシロウから採られたそうですので
拳四朗選手のお父さんは『北斗の拳』の大ファンだったんですね!

拳四朗選手の階級はライトフライ級

第39代日本ライトフライ級王者
第35代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
現WBC世界ライトフライ級王者

身長 164.1cm リーチ 164.0cm
誕生日 1992年1月6日(26歳)
京都府城陽市出身
右ボクサーファイター
B.M.Bボクシングジム所属
京都府のボクシングジム所属選手として初の世界王者

【関連記事】
ロブ・ブラントのボクシング戦績と村田涼太戦の中継・放送予定は?

拳四朗の戦績

プロボクシング戦績は負け無し12戦12勝
総試合数 12
勝ち 12
KO勝ち 6 KO率は50%
敗け 0




拳四朗選手の父の名前

拳四朗選手の父の名前は 寺地 永(てらじ ひさし)さんという方で元プロボクサーなんです。
元日本ミドル級王者そしてOPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者にもなった選手で現在はBMBスポーツジム会長をされています。

生年月日1964年4月5日京都府城陽市出身 立命館大学経営学部卒

拳四朗選手の父との身長差は何センチ?

真ん中が拳四朗選手 右が父の寺地 永さん

写真で見る限り、拳四朗選手と父の寺地 永との身長差は非常に大きいもの感じますが、いったい拳四朗選手の父親の寺地 永さんは身長いったい何センチなのでしょうか?

なんと、拳四朗選手の父親の寺地 永さんの身長は189cm!!

この身長は凄いですね、まさかヘビー級??

拳四朗選手の父さんは元日本ミドル級王者、OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者のボクシング選手でした。

なるほど、写真で見てもわかるように拳四朗選手の身長が164.1cmなのでその差は実は24.9cmもあるんです!!

こんな長身の日本人ボクシング選手がいたんですね。

親子とはいえガリバーと小人ですね!

話は、戻りますが挑戦者のロペス選手は2017年5月、拳四朗に判定で敗れ
王座陥落

それから1年「新しいタイトルマッチのチャンスを探して、ずっと待っていた」
「拳四朗に勝つための準備をしてきた」と再戦に燃えており要注意の対戦相手です。

お父さんが長身で子供の拳四朗さんが小柄というおもしろ親子ですが、父親の寺地 永さんとの二人三脚で3度目の防衛を果たしてもらいたいものです。




スポンサードリンク